森見登美彦「恋文の技術」

これは今まで読んだ森見作品の中で、一番爽やかかもしれない。

ペンギン・ハイウェイ」も爽やかだけど、ちょっとほろ苦いところもあるので。

さて、この本を読んで「恋文の技術」を習得したように思うのだけれど、使える機会はなさそうである。